身体に良いことは率先して行っていこう|健康体づくり

悪玉はなくそう

増えると怖い悪玉コレステロール

non cholesterol fruit

善玉コレステロールが多いと血液がさらさらとして血流が良く、動脈硬化を防ぐ作用があります。反対に悪玉コレステロールが多いと動脈硬化になる確率を加速させてしまうのです。 悪玉コレステロールを減らすためには食事療法もありますが、毎回の献立を悪玉コレステロールを減らす内容にするのは手間もかかります。そのため手軽に行える方法としてはサプリメントを摂取するという補方があります。サプリメントの金額は1ヶ月飲み続ける量で数千円から購入できる手軽なものから、成分によって1万円以上のものもあります。

コレステロールについての研究はいつから

コレステロールの値が高いとか低いとか健康診断などで気になる部分であります。コレステロールには種類があり、善玉と悪玉コレステロールに分類されています。コレステロールとはギリシャ語が由来の言葉で、胆石の成分中から発見されたのが始まりです。コレステロールは機能が脂肪と混同して考えられることから数値が多いと血流に影響を及ぼし心臓への負担も懸念されるため、当初はコレステロール全体の数値が判断材料の1つとなっていました。 しかし、その役割などの研究がすすめられていくうちに善玉と悪玉悪玉コレステロールがあることが分かったのです。悪玉コレステロールという名前からして人体に悪さをするイメージを持ちますが、実際のそのとおりです。そのため動脈硬化を改善する役割を持つ善玉は残し、悪玉コレステロールのみを減らすということが推奨されているわけです。